建築実例小さく建てて、大らかに暮らす
開放的な「一室空間」を叶えた家

CORE STANDARD×吉田建築
延床面積約26坪とコンパクトながら、同社こだわりの耐震構法「SE構法」を駆使し、強くて開放感に満ちた木造の大空間を実現。地域の気候風土を読み解いたパッシブなデザインに、豊かな自然風景も借景に取り込んだ、空間に余白を持たせた心地よい住まい。
キッチン
優れた耐震性能×自由度の高い木造空間を実現する「SE構法」を採用し、コンパクトながら開放感あふれる「一室空間」を実現した。
外観
敷地境界が曖昧だったり、ライフラインが整っていなかったりと、課題山積の土地の調査・整備から、二人三脚で始まった家づくり。デッキ側に大きくそり出した軒が特徴的。
リビング
先祖から引き継いだ大切な土地をどう生かし、デザインするか。同社は「ご縁でつながる変化し続けるいえ」をコンセプトに、小さく建てて大らかに暮らせる家に仕上げた。
リビング
この場所で、いずれはカフェをオープンしたいというFさん夫婦。そんなふたりの想いにとことん寄り添い、デザイン&機能性に優れたキッチン周りをカタチに。
その他
キッチンから出入り可能な、明るい洋室。2階は居室。アイアンの手すりもアクセントに。
階段
スタイリッシュな雰囲気のスケルトン階段。明るく、空間もすっきりとした印象に。
ベッドルーム
梁の現しがカッコイイ天井の2階寝室。
トイレ
清潔感漂うトイレには、こだわりのペンダントライトや円形ミラーで個性をプラス。
外観
敷地内には、ゴルフ好きなご主人お手製の1番ホールや、奥様が大切に育てるバラ園を整備したりと、広大な敷地を自分たちらしくカスタマイズしている。(写真は竣工時)
外観
見る角度によって表情を変える外観。
COMMENT
私たちがつくりました!
ご夫婦お2人の終の棲家として、沢山の想いを乗せた住まいは、建物の小ささを感じさせない開放感のある一室空間を実現しました。お客様の「オリンピックイヤーには出来たらいいな…」の一言を胸に、一つひとつの山を切り崩し、やっとここまで辿り着きました。完成しても、水が建物に通され、無事お引越しを迎えるその日まで、全く気の抜けない、でも、とてもとても大切で、私たちにとっても完成が楽しみな尊い建物となりました。
DATA
本体価格
2,000〜2,500万円
家族構成
夫婦
敷地面積
2,344.87㎡(709.32坪)
延床面積
88.18㎡(26.67坪)
工法・構造
木造金物工法(SE構法)
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
和モダン
テイスト・スタイル内観
シンプルモダン・スタイリッシュ
こだわり
2階建て、延床面積30坪以下、柱・仕切りのない大空間、吹き抜け、土間リビング、構造計算を実施、木造軸組工法+鉄、金物、充填断熱、屋根断熱、ガルバリウム、新築、景色・景観を楽しむ、料理

この家を建てたのは…

CORE STANDARD×吉田建築
宮城県仙台市青葉区芋沢字権現森山60-23