建築実例“好き”が中心。日常と非日常が
交じり合う「超こだわり」の空間

山一ハウス
共に自転車を愛好するKさん夫婦の趣味やライフスタイルを住まいに反映させた住まい。一番の特徴は、日常の生活空間と、趣味の空間がスキップフロアを通して交じり合う空間演出。吹き抜けにはスタイリッシュな鉄骨階段が走り、間仕切りの少ない空間を、さらに明るく開放的なものにしている。トイレを含め、水廻りは中2階に集約した。
吹き抜け
共通の趣味の自転車など、より夫婦の“好き”にこだわったスキップフロアのある住まい。外から視線が入りづらい位置に窓を配置。どこにいても“ジブン時間”を楽しめる。
外観
シンプルながら、箱を複数重ねたような立体感のある外観。外壁にはガルバリウム鋼板と、一部に奥様セレクトのスレート張りを採用した。
玄関
玄関からの視点。趣味の部屋まで自転車が入れるよう廊下を土間仕様に。
キッチン
料理好きな奥様こだわりの、傷や汚れにも強いセラミック天板のキッチン。背面の造作の食器棚は、現場でミリ単位で寸法を調整し、絶妙な高さに。
その他趣味スペース
トレーニングルームと書斎を兼ねた趣味部屋の手前には、手洗い場を。わずかな汚れをその場で落とせるのも嬉しい。
その他
建具ではなく、スキップフロアで空間分け。リビングから見る階段もアーティスティック。
リビング
奥様憧れの大きなソファがある土間リビングは、一段下げて他の空間との程よい距離感を演出。「リビングはとことん“こもり感”を出したい」というご主人の願いに応えた。
COMMENT
オーナーの声
山一ハウスさんは、他社さんではよくありがちな、自社の紹介や商品の説明ではなく、初回から私たちの趣味やライフスタイルをとことん聞く、コミュニケーションを大切にする会社なのだと思い、好感が持てました。まず寄り添い、仲良くなる。だからこそ要望も本音も言いやすく、わくわくしながら家づくりができ、全てが「楽しい」の連続でした。(仙台市・Kさん夫婦)
DATA
本体価格
2,000〜2,500万円
家族構成
夫婦
敷地面積
380.84㎡(115.20坪)
延床面積
116.75(35.32坪)
工法・構造
木造軸組+パネル工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
モダン
テイスト・スタイル内観
シンプルモダン・スタイリッシュ
こだわり
2階建て、吹き抜け、玄関土間、土間リビング、スキップフロア、木造軸組工法+α、ダブル断熱、新築、プライバシー重視、料理、トレーニング・スポーツ

この家を建てたのは…

山一ハウス
宮城県黒川郡大和町吉岡南2-3-16