建築実例「木をたくさん使った家に住みたい」
夢を叶えた豪壮な松丸太の梁や大黒柱

杉内建設
Kさんご家族が憧れた「和風住宅や木をたくさん使った家」。しかし、最初に話した工務店では要望と金額が折り合わず、2階はビニールクロスやフローリングにしてコストダウンするといった「妥協」を迫られるような状況。諦めたない―そんな想いから辿り着いた杉内建設で、松丸太の梁や大黒柱、そして家具は全て造作という、理想の住まいを実現。
外観
平屋は人目に映る屋根の範囲も大きいため、特にこだわったのが重厚感あふれる「いぶし瓦」。側面の窓を隠す格子は、アルミやステンレスでは雰囲気を損ねると無垢材で造作。
リビング
木目を強調しすぎず、より優しい質感が得られるとチョイスした床材は良質なヒノキ。勾配天井や採光目的のフィックス窓の効果もあり、爽やかなほどの心地よい空間が広がる。
リビング
カーテンではなく、陽の光を柔らかくコントロールできる障子を全ての部屋に採用。さらに隣接する和室も、冬は掘り炬燵で暖まりながらの夕食や晩酌が楽しめるという。
リビング
小屋裏の小窓から顔を覗かせると、LDKが見下ろせる。家族のコミュニケーションに配慮したほか、豪壮な松丸太の梁をより身近に感じられるのも嬉しい。
アプローチ
石畳のアプローチに加えて、奥様お気に入りのシンボルツリーはモミジ。道路に面する北側の玄関は、より和の趣を色濃く描き出している。
書斎
3帖ほどの書斎コーナーでは足を下ろして座れるよう配慮するなど、細かな要望にも真摯に対応してくれる。
玄関
玄関ホールの見所は、風情を感じさせる洗い出し仕上げの床や、ゆっくり腰掛けて靴が履ける造作のベンチ。
造作家具
キッチンの隣にあるカップボードの隅にある蓋を開けると、何と奥様が大絶賛する手づくりのドレッサーが姿を現す。自社職人を抱える工務店ならではの提案。
その他趣味スペース
壁から床、天井まで無垢材を張り巡らせた、まるでログハウスのような小屋裏。心地よい木の香りを楽しみながら奥様がフラダンスに励む、趣味空間も兼ねている。
ガレージ
北側にはガレージも完備しているが、ここもやはり無垢材を多用して、一般的なガレージとは異なる趣を表現。
間取り図
COMMENT
オーナーの声
杉内建設さんは自然素材を多用しつつ、その家によってカラーが違います。我が家でも「和の雰囲気を残しながら、ナチュラルな雑貨も似合う家」という想いや理想をしっかり汲み取ってくれました。それに他社では標準仕様以外のモノを選ぶと金額が跳ね上がりますが、杉内建設さんは決まりが一切ないので、予算に見合えば全て自由な点も魅力でした。
Kさんご家族
DATA
家族構成
夫婦
延床面積
99.37㎡(30.1坪)
工法・構造
木造軸組
階数
平屋
テイスト・スタイル外観
和モダン
テイスト・スタイル内観
ナチュラルモダン
こだわり
平屋、延床面積30坪以下、大黒柱・梁の現し、造作キッチン、造作家具・建具、エクステリアにこだわり、ガレージ、書斎、ロフト・小屋裏、大容量収納、木造軸組工法、充填断熱、屋根断熱、基礎断熱、国産材、塗り壁(内装)、塗り壁(外壁)、レンガ・タイル・石・アイアン等、新築、家事がしやすい、読書、パソコン・ゲーム、トレーニング・スポーツ、床下エアコン、固定階段の小屋裏収納

この家を建てたのは…

杉内建設
群馬県伊勢崎市豊城町2251-1