建築実例カッコいいヴィンテージ・スタイルに
ナチュラルさをプラスしたL型の平屋

かなう家
KANAUYAの中でも特に人気の平屋。濡れ縁をイメージしたウッドデッキや深い軒、化粧梁を実現すべく2×4をベースに木造軸組を織り交ぜた混構造を採用。通りに面した東側からはコンパクトかつすっきりとしたファサードとなっており、南に移動してみて初めてL字だということに気付く。邸内もご夫婦の趣味を活かした、個性的な設計に。
外観
繋ぎ目のないガルバリウムの大屋根がカッコ良さを強調する平屋の住まい。「通りから庭を見られたくない」(ご主人)という理由から設計したL字の間取りが特長だ。
外観
プライバシーを守るL字の間取りありきで土地を探しただけあって、完成度は相当なもの。壁は外側がモスグリーン、内がネイビーと雰囲気の異なる2色をチョイス。
キッチン
雑貨好きなご夫婦の理想をカタチにしたダイニングキッチン。古材を活用した天板や、アイアン×無垢板で製作した吊り棚が深い味わいを感じさせる。
リビング
「角度によって異なる景観が楽しめます」と話す奥様。勾配天井で開放感を演出したリビングは、要所にカラーを織り交ぜたナチュラル・テイスト。
玄関
玄関にも棚をたくさん設けるなど、ご夫婦の趣味やライフスタイルが空間に表れている。青く塗装した腰壁やステンドグラスがより雰囲気を高めている。
土間収納
ご夫婦の趣味である靴がたくさん並んだ玄関土間を経て、家事スペース→キッチンへと続く生活動線。土間には灯油タンクにスキーのブーツ、ちりとりや箒も置いている。
洗面脱衣室・洗面化粧台
愛犬と庭で遊ぶ、車で公園へと出掛ける―その後、仮に汚れて帰ってきてもすぐに浴室へと直行できるよう、洗面脱衣室と浴室を、デッキとガレージに隣接させている。
インテリア
お気に入りの雑貨やパネル、子ども服など存分に「飾る」ことを楽しんでおり、気分に応じた模様替えも楽しみの一つに。日々の暮らしを心から満喫している様子が窺える。
間取り図
COMMENT
オーナーの声
ハウスメーカーはデザインや価格がシステム化されていて、打合せを重ねるほど理想から離れていくし、利益の関係からか私たちが望んでもいない太陽光発電やZEHを勧めてくるんです。対してKANAUYAさんは全てが自由だから、照明やタイルの施主支給もOK。要望を全て叶えるなら、「フルオーダー」でなければダメだと強く実感しましたね。
Tさんご家族
DATA
本体価格
1,500〜2,000万円
延床面積
128.2㎡(38.8坪)
テイスト・スタイル外観
モダン
テイスト・スタイル内観
カフェスタイル
こだわり
平屋、造作キッチン、ガレージ、玄関土間、高天井、アウトドアリビング、2×4、2×6工法、充填断熱、古材、ガルバリウム、新築、家事がしやすい、ディスプレイ

この家を建てたのは…

かなう家
群馬県太田市藤阿久町913-19 ニューシティー半田109号