建築実例23坪というコンパクトサイズに、
家族に必要な空間と確かな性能が凝縮

深沢/一家団らん応援住宅
「小さく建てて、豊かに暮らす」とのコンセプトを体現したムダのない効率的な間取り、そして無垢材や塗り壁といった良質な自然素材。パッシブデザインも施しており、「冬の寒い時期に室内がどれだけ設備機器を使わず、暖かさを維持できるか」にもチャンレジした、HEAT20のG2グレードに該当する「超高性能住宅」でもある。
外観
家づくりの際に追求する「本物の素材」そのコンセプトは外観も同じ。サイディングにはない質感や上品さを醸し出す、塗り壁と羽目板。屋根には5kWの太陽光も搭載。
リビング
延床23坪と聞くと「狭い」と思うはず。しかし、間取りの工夫でコンパクトサイズならではの使い勝手の良さを活かしつつ、家族4人で暮らすのに「丁度良い広さ」を実現。
リビング
Ua値=0.32、C値=0.2を記録するなど、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準はもちろん、HEAT20のG2グレードに該当する「超高性能住宅」だ。
リビング
家族の笑顔を繋ぐ―それが家づくりにおける理念。全てオープンとするのではなく、それぞれの居場所を設けつつも、常にお互いの気配が感じられて、気軽に声も掛け合える。
玄関
深みのある色合い、味わい。見た目の重厚感が、そもそも既製品とは大きく異なる。国産の木製断熱扉は気密性も高く、収納棚のシナベニヤとも調和している。
洗面脱衣室・洗面化粧台
朝起きて、雄大な赤城山を眺めながら顔を洗う。「よし!今日も一日、頑張ろう!」家族の日々の「やる気」を高めてくれる造作の洗面台と奥様専用のパウダーコーナー。
スタディーコーナー・ファミリーコーナー
吹き抜けに面した2階のスタディーコーナーは、子ども部屋にも隣接している。天井に使用したのは自然素材の「織物クロス」。
ダイニング
リビング
自然とコミュニケーションが育める間取りこそ「一家団らん応援住宅」の真骨頂。さらに陽の光や微風が心地い、パッシブ設計も特長の一つといえる。
ベッドルーム
主寝室にはパソコンや読書にぴったりの書斎コーナーが設けられている。
DATA
延床面積
23坪
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
モダン
テイスト・スタイル内観
ナチュラル
こだわり
2階建て、延床面積30坪以下、造作家具・建具、自然素材をふんだんに使用、吹き抜け、書斎、ZEH基準を満たす、HEAT20基準を満たす、長期優良住宅、耐震等級3の基準を満たす、木造軸組工法、C値・UA値などが高水準、パッシブデザイン、塗り壁(外壁)、新築、景色・景観を楽しむ、Ua値=0.32、C値=0.2、パウダーコーナー、木製断熱扉

この家を建てたのは…

深沢/一家団らん応援住宅
群馬県前橋市今井町931-8