平屋の注文住宅
集めました。

平屋の実例106件 掲載中!

「平屋」というと、少し古臭いイメージをもつ方もいるかもしれません。
しかし、最近では世代を問わず「平屋を建てたい」という方が増えているそうです。
その人気の理由を探るため、平屋のメリット、そして注意したいデメリットについて解説していきます。

「MY設定」をして平屋の情報をチェック!!


平屋の建築実例を見る:既にMY設定している場合、「建築実例>その他のキーワード>建物形態」の内容が「平屋」のみ選択された状態となります。他の設定は変更されません。
平屋の得意な建築会社を見る:既にMY設定している場合、「建築会社>得意分野」の内容が「平屋」のみ選択された状態となります。他の設定は変更されません。
※MY設定はいつでも簡単に変更可能です。
※詳しく設定したい場合は、上部のMY設定アイコンより設定ページを開いてください。

平屋のメリット

1. 生活のしやすさ

上下移動がないワンフロアの平屋は、生活動線がコンパクトになり、生活しやすいことが特徴です。
さらにキッチンや洗面脱衣室、ランドリールームなどの水まわりを集約すれば家事効率もアップ。日々の負担を軽減できます。

2. 段差が少なく、老後も安心

段差の少ないフラットな空間は、部屋の移動が楽に行えるだけでなく、転倒などのリスクを減らすことができます。
将来を見据えてバリアフリー仕様にすれば、老後も安心して暮らせます。

3. コミュニケーションが取りやすい

生活スペースがコンパクトなため、家族の気配をいつでも感じることができます。
リビングやダイニングを中心に据えることで家族が自然と集まり、毎日のコミュニケーションが円滑になります。

4. 構造的に安定

2階建てと比べて高さがなく重心が低いため、構造的に安定した住宅となります。
地震の揺れや台風などの突風から影響を受けにくく、災害の多い日本の環境に適した住居形態と言えます。

5. 設計の自由度が高い

構造上の制約が少ないため、設計の自由度が高いことが特徴です。
屋根の勾配を活かして天井を高くしたり、壁を減らして開放感を演出することも可能。

平屋のデメリット

1. 広い敷地面積が必要

同じ延床面積の場合、平屋のほうが広い面積が必要になります。

2. 建築コストが高い?

2階建てと比べて建築コストが高くなりがちですが、それは同じ延床面積での話。
階段や廊下など、平屋では必要のないスペース分サイズを抑えることで、費用を下げることができます。

3. 日当たりと通風に注意

横方向に広い平屋は家の中心部に日差しが入りづらく、風通しが悪くなりがち。
しかし、これらは設計で回避することができます。
建物の形状をL字型やコの字型して中心部に窓を設けたり、屋根の形状を活かしてトップライトやハイサイドライトを設置することで日当たりと通風を確保できます。

4. プライバシーの確保が難しい

採光や通風のために外側に向けて大きな開口部を作ると家の中が見えてしまい、視線を気にしながら生活することになります。
そこでオススメしたいのが中庭を設置した「コートハウス」。
外に面した窓を最小限に抑えて中庭に面した窓を大きくすることで、プライバシーを確保しつつ、開放感を味わえる間取りになります。

生活動線がコンパクトで、老後も安心して暮らせること。そして災害に強いこと。
この『住みやすさ』が世代を問わない人気の理由といえるでしょう。

また、最近は建物形状もデザインも多種多様で、オシャレな平屋が増えています。
気になる方はぜひ、下の設定ボタンから建築実例をチェックしてみてください。

「MY設定」をして平屋の情報をチェック!!


平屋の建築実例を見る:既にMY設定している場合、「建築実例>その他のキーワード>建物形態」の内容が「平屋」のみ選択された状態となります。他の設定は変更されません。
平屋の得意な建築会社を見る:既にMY設定している場合、「建築会社>得意分野」の内容が「平屋」のみ選択された状態となります。他の設定は変更されません。
※MY設定はいつでも簡単に変更可能です。
※詳しく設定したい場合は、上部のMY設定アイコンより設定ページを開いてください。

ここからは情報を一部抜粋してご紹介します。
他の実例や会社をもっと見たい…。そんな方は、『MY設定』から自分に合った条件を設定しましょう。

平屋の建築実例

平屋が得意な建築会社