建築実例豊かな植栽、借景を活かす窓の配置
自然と触れ合う土間リビングのある家

S-home 山里建設
外観写真を見れば分かるように、ガーデニングを趣味とするご家族。石畳や玉砂利に彩られたエクステリアと見事に調和。また、邸内から隣接地の豊かな緑を「借景」として楽しめるよう計画したほか、ダイニングやリビングと繋がる土間空間も大きな「個性」の一つで、コンサバトリーのようなイメージで仕上げている。
ダイニング
土間との仕切りとして、オフィスや結婚式場で見掛けるスライディングウォールを採用。自由自在に開け閉めできるほか、アクリルパネルのため窮屈感もない。
玄関
「家族との触れ合い」を目的とした土間空間。例え吹き抜けは諦めても、充分な採光と開放感を得るために取り入れた天井の強化ガラスも大きな見所。
外観
淡い色彩のタイル、緩やかなアプローチ。「草花に囲まれて暮らしたい」という家族の夢がカタチに。さらに雨でも濡れない深い軒は、山里社長からの提案。
リビング
存在感を強調する大黒柱はケヤキ。キッチンから直接アクセスできる動線を設けた小上がりの畳コーナーも、家族がのんびり寛ぐのにぴったり。
和室
キッチンから直接アクセスできる動線を設けた、小上がりの和室。食事を運ぶのに便利で、冬は炬燵を出して、家族で鍋を囲む…まさに心温まるワンシーン。
洗面脱衣室・洗面化粧台
洗面脱衣室やトイレは間口の広さなど、高齢のご家族がいることを考慮した、車椅子でも使えるバリアフリー設計。仕切り壁を活かしたニッチも提案。
COMMENT
オーナーの声
決め手は山里社長の人柄と、プロとしての経験値です。ハウスメーカーでは要望に対して、伝えた通りのプランが出てくるだけ。山里社長の場合は常に+αを盛り込みつつ、より要望を進化させたうえで提案してくれるんです。期待が膨らむだけでなく、家族そろって「この人なら信頼できる」「より良い住まいを一緒に造っていけそう」と感じましたね。
Sさんご家族
DATA
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
ナチュラルモダン
テイスト・スタイル内観
ナチュラル
こだわり
2階建て、玄関土間、土間リビング、木造軸組工法、新築、バリアフリー&ユニバーサルデザイン、景色・景観を楽しむ、観葉植物・ガーデニング

この家を建てたのは…

S-home 山里建設
群馬県高崎市下中居町381