建築実例風景との調和・できる限り風景に
溶け込ませたかった平屋住宅

シグマ建設 ONO一級建築士事務所
“風景との調和・できる限り風景に溶け込ませる”ことをコンセプトに作り上げた、黒のガルバリウムで装った平屋のコートハウス。「あえて南側の道路を使用せず、できる限り高さを抑える」といった『シグマ建設』からの提案により、家族憧れのスタイリッシュな平屋がカタチとなった。
外観
黒のガルバリウムを外壁に採用したスタイリッシュな佇まいだが、平屋を選択したことで、のどかな風景に溶け込むように配慮されたデザインとなっている。
アウトドアリビング、デッキ、テラス
コートハウスの間取りを活かし、ウッドデッキは多方向から足を運べるように設置。今後家族の交流の場として重宝されるだろう。
リビング
ダイニングとの間にRC造の仕切りを設けたことで、適度なプライベート空間を演出している。
玄関
外壁の一部に落ち着いた色合いの板張りを採用して大人の雰囲気に。
キッチン
自然素材とRCの異なる素材が調和するよう綿密に計算された、オリジナリティのあるデザインの室内。料理の効率が良い間取りや、後片付けがスムーズに行える動線も魅力。
その他
「今日は景色を楽しみたい」「家族とのプライベートな時間をゆっくり楽しみたい」など、その日の気分や状況に応じて外壁の扉は気軽に開閉することが可能。
洗面脱衣室・洗面化粧台
スッキリとした清潔感のある洗面脱衣室。造作の棚を設置したことで、使用頻度の高いタオルなどを気軽に収納できる。
ダイニング
大きなテーブルを置いても、空間に余裕を感じるダイニングスペース。ゲストと一緒にゆっくりと食事が楽しめる。
外構
室内に採用したデザインとリンクするようエクステリアにもRC造を採用。家族好みのカッコイイ雰囲気を強調している。
COMMENT
私たちがつくりました!
敷地は南6m道路と西4m道路の2面に接した1m程下がった農地で、200坪を超える畑のうち150坪を住宅用地として利用できるとのこと。お客様からの希望は、黒のガルバリウムで装った平屋のコートハウス。いかに風景に調和させることができるかを検討し、あえて南道路を利用しない計画、そしてできる限り建物の高さを抑えた設計を提案。
DATA
家族構成
3人家族
敷地面積
499.95m²
延床面積
135.80m²
工法・構造
木造軸組工法
階数
平屋
テイスト・スタイル外観
モダン
テイスト・スタイル内観
ジャンルミックス
こだわり
平屋、中庭、耐震等級3の基準を満たす、木造軸組工法、充填断熱、国産材、ガルバリウム、新築

この家を建てたのは…

シグマ建設 ONO一級建築士事務所
埼玉県深谷市国済寺422番地9