建築実例居住空間とオフィスに対しての的確な
ゾーニングが光る、兼用の住まい

新創建設 with Studio kis
通りに面した北側がメインファサード。あえて開口部を抑え、一見しただけでは何の建物か分からないよう設計。さらに一般的には「オフィス」と「住宅」で分けるケースが多いなか、あえてオフィスの2階に寝室や子ども部屋を配置したのは、居住空間への陽当たりを確保するため。(オフィスは仕事に集中できる環境が第一で、採光は二の次)
外観
メインとなるガルバリウムの外壁をベースに、エントランスの杉板張りや白のサイディングとの継ぎ目をキレイに納めている点に、施工技術の高さが窺える。
外観
居住空間への陽当たりは最優先。そのため、南側にLDK、北側のオフィスの2階に寝室や子ども部屋を配置。この発想こそデザイナーの真骨頂。玄関右隣には外収納も完備。
中庭
三方を囲まれた中庭。和室や廊下から出入りできるほか、陽が沈む頃にスクリーンやブラインドを開ければ、スケルトン階段とペンダントライトが美しく、鮮やかに強調される。
リビング
一般的な手法として外観の屋根勾配をそのまま現すなら、天井はナナメのはず。しかし、「それでは芸がない」とデザイナーの閃きで、中央が両端より高い「船底天井」を採用。
和室
両面から和紙を貼り、組子の影がうっすらと浮かびあがる太鼓張りの障子は、建具職人がゼロから製作したオーダーの逸品。上部を開放させることで、より一体感が生まれる。
階段
踏板を鉄骨で支えて、まるで宙に浮いているかのように表現したスケルトン階段。アクセントとして鉄骨を赤色で染めるなど、デザイナーの遊び心も感じさせる。
リビング
変化に富んだ設計を随所に施したLDK。なかでもバランス良くまとまったLDK+和室は、家族がいつでもリラックスした時間を過ごせる住まいの中心。
玄関
採光目的の大きなフィックス窓と、土間のシューズクロークを特長とする玄関ホール。
ウォークインクローゼット
造作の洗面化粧台や浴室・脱衣室のすぐ隣に、ファミリークローゼットを設けるアイデア。
その他
北側のオフィス部分は絨毯敷き。来客時、靴のまま打合せできる土間スペースに水洗も完備している。
DATA
家族構成
夫婦、子ども2人
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
モダン
テイスト・スタイル内観
シンプルモダン・スタイリッシュ
こだわり
2階建て、店舗併用、中庭、玄関土間、高天井、外収納、ガルバリウム、新築

この家を建てたのは…

新創建設 with Studio kis
群馬県渋川市赤城町津久田167-10