建築実例施主支給のコレクションを主役にした
アンティーク×インダストリアルな家

共栄ハウジング rustic+factory
海外で100年以上前に使われていた木製の玄関扉をはじめ、年代物のステンドグラスや照明といった、施主家族が買い集めたコレクションを主役としたTさん宅。同社は自然素材やレンガ、アイアン、真鍮、モルタルなど異素材をバランスよく織り交ぜながら、家族が想い描くアンティークとインダストリアルが融合した住まいをカタチにした。
リビング
大空間のリビングは職人の手で敷き詰められたヘリンボーンの床が印象的。何度も塗装の色合いを検討し、ピスタチオグリーンに塗装。吹き抜け上部のガラス戸も施主持ち込み。
玄関
その他
玄関ホールに使用した100年以上前のアンティークの扉は施主がアンティークショップで購入した逸品。職人が丁寧に補修し蘇らせた、この住まいを象徴する逸品だ。
外観
部分的に異なるカラーを採用した、凹凸のある個性的な外観。塗り壁の質感が上質で味わい深い。
その他
玄関ホールの両開き扉を開ければ、開放感と抜け感抜群のLDKが続く。扉の雰囲気に合わせ、壁の一部にレンガをあしらい、オンリーワンの個性をプラスした。
リビング
ダメージ加工を施した吹き抜けの梁は同社らしい提案から。テレビボード側の壁は一度レンガを張り巡らせたあと、その上を漆喰で塗り固めた。大開口の景色も◎。
キッチン
奥さんこだわりのオールステンレスのクリナップのキッチンは、水や熱に強く、丈夫で手入れもしやすいのが特徴。カビやサビ、ニオイも寄せ付けない高品質。
キッチン
キッチン背面はご主人の要望でモルタル仕上げに造作。自然なオールド感がカッコいい。
洗面脱衣室・洗面化粧台
モールテックスを使った天板や壁が空間に調和するリビング続きの‟魅せる”造作洗面。以前使っていたお気に入りの食器棚から外したハンドルも再利用して取り入れた。
その他
一見、アンティーク調の本棚だが、取手をつまんで右手にスライドさせると、居室が出現。「面白みを出したかったんです」と奥さん。
間取り図
COMMENT
オーナーの声
モデルハウスでもある代表の曽根さん宅を訪れた際、「あっ、そうそうこの感じ!」とピンと来ました。私たちが想い描いた「〇〇風」ではないオリジナルのスタイルを叶えるため、他社さんではイレギュラーだと断られてしまった細かい要望も含め、丁寧にカタチにしてくれました。年月が経ってもなお、家族に馴染み続ける理想の住まいになりました。
COMMENT
私たちがつくりました!
自然素材の漆喰や無垢材を使ったrustic仕様でありながらも、インダストリアルとアンティークが融合した住まいになりました。一見、‟男前”なのに所々に真鍮やアンティークな小物が見受けられるインテリア。リビング入り口のドアは、お施主様自らが購入された百年以上前のアンティークドア。こだわりが細部まで詰まったお家になりました。
DATA
家族構成
夫婦+子ども2人+母
敷地面積
213.71㎡(64.64坪)
延床面積
139.11㎡(42.08坪)
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
シンプルモダン
テイスト・スタイル内観
インダストリアル
こだわり
2階建て、延床面積40坪以上、モルタル造形、造作キッチン、造作家具・建具、柱・仕切りのない大空間、吹き抜け、木造軸組工法、充填断熱、県産材、レンガ・タイル・石・アイアン等、新築

この家を建てたのは…

共栄ハウジング rustic+factory
宮城県仙台市青葉区向田17-16