誰もが手の届く自然素材と省エネの家
みやぎの気候・風土に合った家をこの土地に住む私たちがつくります。
誰もが手の届く価格帯で、高断熱は当たり前に、できれば自然素材を使い、そしてシンプルで心地よい空間をもつ地域型住宅を提案します。新しい家で、どんな暮らしがしたいのか…。それを叶えるお手伝いをさせていただければと思っています。
POINT
ZEHや北海道の省エネ基準を上回る断熱性能
弊社の断熱性能基準は、北海道(1・2地域)の次世代省エネ基準0.46を上回るUA値0.40(前後・建物形状によります)に設定しています。宮城県の次世代省エネ基準の家と比較すると30年間で350~450万円の光熱費が浮くことになります。ランニングコストだけでなく、暑さ寒さの体の負担が減り健康になることもメリットです。
POINT
みやぎ材を多用し、地域の職人の手でつくる
会社設立当初から近くの山で育った木を用い、同じ地域の職人たちの手でつくってきました。地産地消は特別なことではありませんが、同じ風土で育った木だから親しみを感じ、職人たちが手間ひまかけた家だから、愛着が増すのだと考えています。
POINT
りんごのような家をつくる
リビングを中心に部屋が配置され、子どもが小さい時は部屋をオープンにして使い、年頃になったら間仕切れるような、10・20年後を見据えた将来の家族構成の変化に対応できるプラン。冬は吹き抜けの南側開口部から太陽エネルギーを取り入れ暖房にするなど、設備に頼りすぎず、高断熱高気密だからこそ可能となる開放的な空間を提案しています。
POINT
構造材はみやぎ材が基本!
近くの木で家をつくることは二酸化炭素を固定化し、街に森をつくることと同じです。そして地球温暖化防止にもなります。弊社は、会社設立より、みやぎ材の桧・杉材を多く利用してきました。木材の利用割合はみやぎ材が全体の60%以上、そのうち優良みやぎ材を40%以上使用しているため、県や国の助成制度を利用することもできます。
POINT
家づくりの“参考書”「びおハウス 住まいは普段着のもの」進呈
家づくりを真剣に考えている方へ、「びおハウス 住まいは普段着のもの」(発行: (一社)町の工務店ネット)をプレゼントします!住まいの骨組となる木の特長や、快適な温熱環境・間取りプラン・風景となる外観づくりなどのヒントを写真やイラスをト多用して紹介しています。ぜひ家づくりの参考書としてご活用ください。
DATA

有限会社 伊藤工設計

所在地
宮城県宮城郡利府町加瀬字新町頭96-2
MAP
TEL
価格の目安
gbスタイル1,900万円~/unスタイル 1,823万円~ ※いずれも32坪・消費税含む建物本体価格、屋外給排水工事・設計料は別途
施工エリア
宮城県内で利府町から車で1時間程度
工法・構造
桁上合板・ボード気密工法(木造軸組工法)
こだわり
構造材はみやぎ材が基本、自然素材、高断熱高気密(断熱性能:UA値0.4前後)、耐震性能等級3レベル、近くの木と職人でつくる家づくり、りんごのような家をつくる、造作家具・建具
アフター保証・メンテナンス
引き渡し後1、2、5、10年点検、住宅瑕疵保証保険、地盤保証
キーワード
女性設計士と打ち合わせできる、モデルハウス・ショールームあり、水廻りの設備機器が体験できる、一級建築士が在籍、ZEH登録ビルダー、無料相談会を開催、施主OB宅の見学可、コミコミ価格、模型・イラストを使った提案、ハンドメイド、無垢材・塗り壁など自然素材の家、ゼロからの家づくり、セミオーダー・規格住宅あり、標準装備が充実、外構までトータルプロデュース、耐震等級3相当の家づくり、照明器具、建材、素材など持ち込みOK、現場を確認しながら打ち合わせできる、家具や建具は造作が基本、快適性を数値で証明

最新情報をCHECK

会社のサイトやSNSでも情報をチェックできます