建築実例真っ白な邸内に、スケルトン階段が
映える…眩いほどのデザイン住宅

CROSS HOUSE(クロスハウス)
邸内で使用しているカラーの大部分は、白と黒のみ。特に床や壁、天井などは白で、階段や手摺などに「差し色」として黒を用いたホワイトモダン。明るさ、爽やかさ、広がり…白を好む施主の想いを存分に表現した住まいで、高いデザイン・設計力の証明にも繋がる渾身の一棟だ。訪れた客人たちが息を呑むほどの美しさも、大きな特長といえる。
リビング
床・壁・天井はもちろん、梁や柱、シーリングファンにいたるまで真っ白に表現した邸内。2階の手摺やスケルトン階段がアクセントに。
リビング
天井まで伸びた、リビングのデザインクロス。白一色に染めた空間だからこそ、異なるカラーがより存在感を増していく。
和室
和室も白を基調にコーディネートするなど、コンセプトは決してブレない。白だからこそ、大きな窓を設けなくても室内は驚くほど明るい。
玄関
玄関
玄関ホールの、土足部分の床はタイル敷き。クロークの扉を開けると、想像以上の奥行きを誇る土間空間が姿を現す。
洗面脱衣室・洗面化粧台
水に強く、掃除がしやすい床は石目調のタイル。洗面ボウルも、やはり白。そして朝、起きて顔を洗ったあとのスッキリ感は、白だからこそ。
子ども部屋
人目の届かない子ども部屋は、鮮やかな花柄の壁紙や真っ赤なパーテーションで遊び心を表現している。
子ども部屋
もう一方の子ども部屋は、対照的なデザインで仕上げている。
DATA
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル内観
ホワイトモダン
こだわり
2階建て、吹き抜け、玄関土間、木造軸組工法、レンガ・タイル・石・アイアン等、新築

この家を建てたのは…

CROSS HOUSE(クロスハウス)
群馬県伊勢崎市下触町841-2