建築実例伝統に新たな試みをプラスした
数寄屋モダンの家

髙橋材木店 タカハシホーム
梁や柱、桁、土台など構造材には全てヒノキを使用した、オール「ヒノキ」造り。伝統的な数寄屋造りのテイストに現代の住まいの暮らしやすさやデザインを取り入れ、開放的なモダン住宅にアレンジ。クリの太鼓梁や無垢床、ケヤキの埋もれ木の造作棚、スギの腰板、青森ヒバを貼った浴室など、タカハシホームだからできる贅沢な木遣いが光る。
リビング
無垢材をふんだんに使い、森にいるような安らぎがある住まい。開放的な勾配天井に、吹き抜けのある大空間が広がる。冬は、薪ストーブ1つで暖かく過ごせるという。
リビング
ステンレス製の筋交いを取り入れ、太い柱や梁の中に、シャープさを加えて空間にメリハリを演出。構造強度かつ、抜け感も創出した。ダイニングテーブルは同社オリジナル。
ダイニング
躯体現しにしたことで、8寸角の大黒柱など、しっかりとした骨太構造が一目瞭然。職人の手刻みにより木の良さが存分に生かされている。
畳コーナー
LDKの一角に設けた畳コーナー。家族の和みの場、お客さんのおもてなしの場としても重宝。子どもを遊ばせたり、お昼寝させていてもLDKやロフトからも見守れて◎。
階段
リビング階段採用で、LDKにいる家族とコミュニケーションが自然と取れ、絆も育まれる。造作の階段は、木と作り手のぬくもりがたっぷり。
吹き抜け
ロフトからLDKを見る。リビングに架かるクリの太鼓梁の逞しさや、マットな色合いのクリの無垢床、赤みを帯びたケヤキの階段踏板など、豊かな木の表情が楽しめる。
小屋裏・ロフト
18帖あるロフトは、フリースペースに。セカンドリビングやキッズスペースとして活用中。
浴室
壁、天井に青森ヒバを貼った、ご主人こだわりの浴室。高級旅館に来たような、癒しのひとときを毎日味わえる。
玄関
上り框には、ケヤキを採用。正面の壁は塗り壁にし、ヒノキの埋もれ木で飾り棚を造作。左の格子扉を開けると、シュークロークになっている。
外観
伸びやかな大屋根と煙突が特徴的な外観。外壁は色や素材を変えて、アクセントをプラス。青々と輝く芝生は、ご主人自らが張ったという努力のたまもの。
間取り図
DATA
本体価格
2,000〜2,500万円
家族構成
夫婦+子ども1人
敷地面積
400㎡(121.0坪)
延床面積
133.08㎡(40.2坪)
工法・構造
木造軸組工法
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
和モダン
テイスト・スタイル内観
和モダン
こだわり
2階建て、延床面積40坪以上、ハンドメイド、大黒柱・梁の現し、造作家具・建具、エクステリアにこだわり、吹き抜け、1階寝室、ロフト・小屋裏、高天井、キッズスペース、木造軸組工法、充填断熱、屋根断熱、基礎断熱、国産材、古材、塗り壁(内装)、新築、バリアフリー&ユニバーサルデザイン、家事がしやすい、育児がしやすい、極上のバスタイム、薪ストーブ・ペレットストーブ

この家を建てたのは…

髙橋材木店 タカハシホーム
宮城県白石市字寺屋敷前70