IECOCORO NAVI

家族で叶える注文住宅、サポートします。

国内の家庭における最終エネルギー消費量(※1)は、石油危機以降、約2倍に増加しました。また、東日本大震災後の電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化などを受け、家庭における省エネルギーの重要性が再認識されています。 そんな中、新築住宅の標準仕様として、政府が推進しているのが「ZEH(ゼッチ)」です。今回は、この耳慣れない言葉「ZEH(ゼッチ)」について、基本のイロハをご紹介します。

(※1)発電所等で作り出された時点でのエネルギー量ではなく、工場やオフィス、運搬や家庭で実際に消費されたエネルギーのことをいいます。

ZEH(ゼッチ)とは

「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」のこと。住宅の断熱・省エネ性能を高めることでエネルギーの消費を抑え、同時に太陽光発電などでエネルギーを創り、使うエネルギーと創るエネルギーの収支をゼロにする住宅のことを指します。年間の一次消費エネルギー(※2)よりも、創エネルギーが大きくなります。現在、国が普及を推進しており、2020年までに新築住宅の標準仕様に、2030年までに新築住宅の平均で実現を目指しています。

(※2)冷暖房、換気、給湯、照明等、設備機器のエネルギーを熱量換算した合計値のこと。

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)の家を建てるには?

省エネ性が高く、創エネルギーが大きい住宅となると、高効率の設備が必要になってきます。何を・どのように選択するのが良いのでしょうか?

ZEHの家を建てるには

(参考:経済産業省「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの例」)

point1

省エネ

省エネ性の高い機器・照明等の導入により、家でのエネルギー消費を抑制。また、断熱性・気密性・通風採光性を高めることで、室内が年中快適な温度に保たれます。それにより、エアコンの使用頻度も低減。夏は涼しく、冬は暖かい住宅を実現します。

point2

創エネ

自然のエネルギーを利用した太陽光発電システムや電気とお湯を同時につくる家庭用燃料電池(エネファーム)などで、家で消費するエネルギーよりも多くのエネルギーを創ります。創エネ機器や自治体によっては補助金があります。

point3

蓄エネ

太陽光発電でつくったエネルギーを蓄電池などに貯めておくことで、発電時間以外に使用できます。また、割安な深夜電力を貯蔵し、消費電力の多い日中に回すこともできます。最近では、電気自動車などを蓄電池代わりにするケースもあります。

point4

HEMS

「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。家庭で電気を「創る」「蓄える」「上手に使う」ために、リアルタイムで利用状況を把握&コントロール。消費するエネルギーを節約するための管理システムです。

ZEH(ゼッチ)はどのくらいお得?

では実際、一般的な新築住宅とZEHでは、どのくらい光熱費に差が出るのでしょうか。国土交通省が公表している参考資料によると、年間で約28万円も節約になると言われています。

【 年間ランニングコスト比較表 (139平方メートルの一般家庭で試算した場合) 】

  家電等 給湯 冷暖房 年間光熱費合計
(水道代除く)
一般的な新築住宅 87,000円 96,000円 88,000円 271,000円
次世代省エネ住宅 87,000円 96,000円 56,000円 239,000円
次世代より断熱性能25%UP+エコキュート 79,000円 17,000円 40,000円 136,000円
ゼロエネ住宅(太陽光発電4kW設置) -9,000円

(参考:国土交通省資料)

※国土交通省が一定の条件をもとに試算しています。実際の生活様式や使用条件等によって異なります。試算結果はあくまでも目安です。そのため、数値を実証するものではありません。

ZEHの補助金制度について

ZEHを実現するためには、太陽光発電システムやHEMSの導入など、ある程度の費用がかかります。限られた予算で家を建てる人には、なかなか導入が難しいものです。そこで国は、ZEH(ゼッチ)の仕様を導入しやすいように、補助金の普及を促進しています。このことからも、新築戸建てを考える人にとって、ZEHは見逃せないキーワードです。

ZEHの補助金制度について

(参考:経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」)

補助金の対象となる住宅とは

  • 申請する者が日常的に居住する住宅であること
  • 店舗などの付いていない普通の住宅であること
  • 既築住宅の場合は申請時に自己所有となっているもの
  • 既築住宅でZEHに変更予定がある
  • 新築建売住宅は申請者が建売住宅の購入者であること

補助金の額はいくら?

平成28年度は定額125万円、寒冷地特別外皮強化仕様の住宅の場合は一住戸あたり定額150万円が支給されます。また、蓄電池を設置している場合は1kwhあたり5万円(上限は補助金対象経費の3分の1または50万円のいずれか低い方の金額)が支給されます。

※平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEHゼッチ)支援事業」の補助金です。

補助金の対象条件とは

  • SII(一般社団法人環境共生イニシアチブ)に登録されたZEHビルダーが設計、建築、販売するもの
  • 交付決定日以降に本事業に着手すること
  • 年間の一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロであること
  • 一定の断熱性能、設備要件を満たしていること
  • 太陽光発電システム等の再生可能エネルギーシステムを導入していること
  • 条件に合うエネルギー計測装置を導入すること
  • 定期的に自宅のエネルギー使用状況を報告することが可能 など
下記の設備が設置されていることが条件になります。
断熱 高断熱外皮 要設置
省エネルギー設備 空調設備 要設置
給湯設備 要設置
換気設備 要設置
照明設備 要設置
創エネルギー設備 太陽光発電システム 要設置
蓄電システム 任意
エネルギー計測装置 要設置

ZEHの補助金額や申請期間などの詳細は毎年変わりますが、エネルギー効率をよくする設備品の購入額に対して何%かを負担してくれます。だいたい、100万円以上の補助金が出ることが多いようです。平成29年度もZEH補助金事業が継続して行われると言われています。ただし、ZEHのメリットはそれだけではありません。先述の通り、省エネルギーで環境にやさしく、創エネルギーでランニングコストを低く抑えるところです。これから新築を検討する方は、まずはプロに相談してみるのが良いでしょう。

ページトップへ