IECOCORO NAVI

家族で叶える注文住宅、サポートします。

土地選びで注意したいポイント

建築したい土地の地盤が弱い場合、基礎工事の段階で地盤改良や杭打ちなどの特殊工事が必要となることがあります。その費用は高額になるケースもあるため、購入する際は「もともとどんな土地だったのか」を良く調べることが大切です。場所によっては、地盤がゆるい、水はけが悪いなどガーデニングや庭づくりに影響が出る場合もあります。可能であれば、大雨や地震のときの状況などを、実際に住んでいる人に聞くことができると良いかもしれません。

また、新しく造成した土地の場合、インフラ・設備が整っているかどうかも注意したい点です。同じエリアで広さ・形など似たような土地にも関わらず、大きく価格の差があるときは、ガスや水道、下水などが「自己負担」となっているケースがあります。この他に、電線の状態や浄化槽の有無、道路の幅などもしっかりと確認することが重要です。

ページトップへ