IECOCORO NAVI

家族で叶える注文住宅、サポートします。

住宅展示場&見学会&イベントを上手に活用しよう!!

家づくりを成功させるポイントは、実際に「見て・触って・体感」すること。だからこそ「住宅展示場」を見たり、「見学会」には積極的に参加したいものです。「なんとなく見て回り、おしまい」では折角のチャンスも無駄になってしまいます。そこでIECOCOROでは住宅展示場や見学会、モデルハウス見学におけるポイントを紹介。これであなたの家づくりが大きく前進するはずです。

依頼先選びに役立つ「見学会・イベント」の種類を知ろう!

オープンハウス

オープンハウスとは「現地即売会」という意味もありますが、注文住宅においては「実際に住んでいる家族がその家を公開してくれる」という見学会のひとつ。日常において建物がどう使われ、どのような表情を見せてくれるかを「等身大でイメージ」できるため、依頼先選びはもちろん、家族がどんな暮らしをしたいかを知る良いキッカケにもなります。

構造見学会

柱や梁などの構造部分は、通常完成すると隠れて見えなくなってしまうものです。そこで注目したいのが、この「構造見学会」。その会社が特徴とする施工方法や建材、または断熱材や現場の雰囲気まで、普段見られない部分をしっかりとチェックすることができます。家の仕組みや理解を深める良い機会でもあります。

完成見学会

家族が入居する前に完成した建物を、一定期間公開するのが完成見学会です。立地条件や周囲の環境、家族の要望をどのように「形」にしたのかなどをチェックすることができます。また、素材や設備、採光、通風、間取りや動線などを確認しながら「建築会社の特徴」を感じられる大切なイベントです。

セミナー

家づくりを成功させるための「ヒント」を学べるのが、セミナーの魅力。住宅ローンや資金計画などのお金のことから、家づくりの基礎知識や間取りに関するプランニングなど、その内容は様々。最近では、インテリアやカラーコーディネート、収納術などに関するセミナーが人気を博しているようです。興味があるものには積極的に参加しましょう。

相談会

専門家によるアドバイスを受けられるのが相談会です。一般的には住宅ローンなどお金に関するプランニングや不安、土地探し・不動産の疑問や悩みについての相談会が多いようです。疑問や不安をクリアにすることで、マイホームの夢が大きく前進するでしょう。

体験・季節イベント

建築会社・工務店が開催するイベントは「体験・体感」がキーワードです。使用する木材の加工現場の見学ツアー、モデルハウスへの宿泊体験、家づくりの作業を少しだけ体験できるなど、家族で楽しみながら参加できるのが特徴です。季節ごとのお祭りやイベントも、会社の雰囲気を知る絶好の機会です。

オープンハウスではここをCHECK!

建てた家族の声をCHECK!

会社選びの大きな指針に… 施工会社への「生の声」を聞けるチャンス

オープンハウスでは建築会社のスタッフはもちろん、場合によっては「お施主さん」が参加していることも。その建築会社・工務店に依頼したきっかけや提案してくれたポイント、良かった点なども聞くことができると、依頼先選びの大きな参考になります。ただし、建築費用やプライバシーに関わることをしつこく尋ねるのはNG。

暮らしてみて初めてわかる「良い点」「悪い点」を聞こう!

オープンハウスの醍醐味は「お施主さん」に話を聞けること。家づくりの「苦労した点、不安や悩み」「こうすれば良かったなぁ」という失敗体験などを共有することができるかも。また、実際に住んでみてわかる「間取りの使いやすさ」「動線・収納」「近隣の環境」などの生の声が聞けるチャンスでもあります。

住宅展示場・見学会・モデルハウスではここをCHECK!

1.間取りをCHECK!

生活動線をイメージしながら効率的な間取りを体験

紙の上では効率的に見える間取りや生活動線も、実際に住んでみると予想外の『使いにくさ』に直面することも…見学会では実際にキッチンに立って、家事をしているところをイメージしながら動いてみると、各会社の色々な工夫・アイデアを感じとることができるでしょう。「ここに収納があったら便利かも」「うちは子どもがまだ小さいからリビング隣接の和室があった方がいい」そんな家づくりも実際に体を動かすことで見えてくるかもしれませんね。

必要な広さと収納を確認

6畳・8畳・12畳…間取り図面から感じるイメージと、実際に建った後の実感は思っている以上に違うものです。たとえば、寝室。シングルベッドを置くかダブルベッドを置くかで、必要な部屋の広さは変わってきます。住宅展示場や見学会では家具を設置した後の広さをおおよそでも把握できると良いでしょう。収納の数や容量も同じです。お施主さんの家族人数を聞き、自分と比較することで「必要な量」が見えてくるかもしれません。

2.素材・設備をCHECK!

写真やカタログではわからない質感をチェックしよう

雑誌やサンプルでしか触れることのない床材や壁の仕上げなども、住宅展示場や見学会・モデルハウスでなら確認することが可能。なかでも、床や柱に使用する無垢材であれば、木ごとの色合いや肌ざわりを五感で感じることができる良いチャンス。きっとお気に入りの素材が見つかるはずです。また壁の仕上げも自然素材系の味のある風合いから、カラフルなクロスの使用感まで確認できるから、「こんなはずじゃなかった」を防ぐことができます。

憧れの設備に触れるチャンス!

太陽光発電システムや蓄熱床暖房、薪ストーブやおしゃれなフルフラットキッチンまで、「いいなぁ」と憧れていた住宅設備を一度に見ることができるのがモデルハウスの特徴。実際に使用できる設備もあるため、スタッフに声を掛ければその使い心地をチェックできることも…事前にどんな設備が設置してあるか各会社に連絡してから訪問するとより効率的です。

3.性能をCHECK!

夏・冬の居住性能を体感しよう

見学会やモデルハウスでは、夏と冬のエアコンの効きを確認できるとベストです。夏は遮熱・通風、冬は暖房効率やヒートショック対策などについて確認することをオススメします。各工務店・建築会社ごとにその性能への取り組みは様々。断熱性・気密性の測定数字などを聞いてもピンとこない家族でも、体感することで実感できることもあります。一年を快適に過ごすために、どんな工夫やアイデアがあるのかをぜひチェックしてください。

建設会社ごとの工夫・アイデアを確認しよう

建設会社が持つ「住まいのこだわり」を直接体感できるのが住宅展示場・見学会・モデルハウスの魅力です。コートハウス、ビルトインガレージ、スキップフロアといった建物プランから、どんなデザイン、どんな素材を使うのかまで確認しながら依頼先選びの参考にしましょう。また、会社によってはインテリアショップや雑貨屋を併設しているところもあり、気に入ったモデルハウスのコンセプトを再現できる建築会社もあります。

モデルハウスで「建築会社・工務店」の特徴をCHECK!

建築会社・工務店が掲げる「住まいのコンセプト」を最もわかりやすく形にしたものが「モデルハウス」です。会社・商品のコンセプトが凝縮されているため、「デザイン」「性能」を余すところなくチェックすることが可能。また、使用する素材や設備、間取りやプランニングなど「実際に建てる場合のお手本」となるケースも多いため、建てる際に再現可能なのかを忘れずに確認しましょう。プロのコーディネーターによる内観・インテリア、外観の見せ方などもどんどん参考にしていくと良いでしょう。

ページトップへ