IECOCORO NAVI

家族で叶える注文住宅、サポートします。

住宅ローンの基礎知識

家づくりに際して、ほとんどの方は銀行などの金融機関から住宅ローンを借入れすることになります。しかし、「私たちは一体いくらぐらい借りられるの?」「返済額の最適な目安はどの程度だろう?」という疑問にぶつかる方も少なくありません。

一般的に、銀行などの金融機関から借入れできる金額は、税込年収で判断するケースが多く、家族構成や家計といった支出は基本的に考慮しません。このことから、「借りることのできる金額が、必ずしも無理なく返済できる金額ではない」ということが言えるでしょう。そのため、実際には住宅ローン返済額は手取月収の約30%程度を目安として考えましょう。30~35年と長い期間付き合っていく住宅ローン。その間、家計における支出は、この住宅ローンだけではありません。将来を見据えたライフプランを考えたとき、「無理なく返済できる」範囲での借入れがとても重要です。この「お金」に関する部分は、家づくりにおいて「失敗できない」最重要ポイントといってもよいでしょう。依頼先や専門家などに詳しく話を聞き、余裕を持った返済計画を立てていきたいものです。

また、長期間にわたる住宅ローン返済において、いかに「賢く上手に返済できるか」は、ライフプランや老後の人生設計にも差をつける大事なポイントです。なかでも、原則的に全額元金に充当される繰上げ返済は、「ローンの開始から早ければ早いほど」利息軽減効果は大きくなるため、積極的に利用していきたいものです。

繰り上げ返済には、主に返済期間を短縮する「期間短縮型」と月々の返済額を軽減する「返済額軽減型」の2種類があります。家族のライフスタイルに合わせた方法を選択したいものです。ただ注意したいのは、一般的に繰上げ返済には「手数料」がかかるということ。契約時には必ずチェックしておきましょう。

ページトップへ