IECOCORO NAVI

家族で叶える注文住宅、サポートします。

家を建てるなら早い方が有利ってホント?

20代夫婦がマイホームの購入・建築に踏み切った理由のほとんどは「アパートの家賃を何十年も払い続けるなら…」というものです。確かに、月々の家賃と住宅ローンがほぼ同額ならば、「自分の家」を持てたほうが良いと考えるのは当然かもしれません。「いつか家を買う・建てるならば、年齢が若いうちに…」「頭金・自己資金がなくても建てられる」などの「早くから家を購入したほうがメリットは多い」という考えは本当なのでしょうか。ここで一度、メリットとデメリットを比較してみましょう。

たとえば20代でマイホームを建築・購入する場合、返済計画によっては60歳前に完済することで、定年退職後のライフプランに大きな差をつけることができます。反対に、長期プランで住宅ローンを返済する場合は、利息負担部分も大きくなりますが、比較的毎月の返済額を軽くすることが可能です。デメリットとしては、20代という年収の少ないうちにローンを組むことになるため、大きな金額の借り入れは難しいことです。しかし、このことを「借り入れ金額を抑えられる」と前向きに考えてみると、夫婦共働きの家族や収入の増加に伴って「貯蓄」「繰り上げ返済」といった選択肢も見えてくるのではないでしょうか。ただしライフステージでのリスク(倒産・転職・転勤や、病気・怪我といったトラブル)を、30代・40代で建築する方よりも長い期間対処していかなければならないのは確実です。

20代だからこそできる家づくり計画

メリットとデメリットを整理した場合、考え方は色々ありますが、「いつか家を建てるなら、早い方が返済面でのメリットは大きい」といえるのではないでしょうか。特に小さいお子さんがいることが多い世代だからこそ、子育てが楽しくなるような家づくりにぜひ挑戦してほしいものです。音の問題などで周囲に気兼ねせずに生活できることは、お子さんにとっても大きな喜びに繋がります。また、成長の節目で建築のタイミングが図れるのもメリットのひとつ。第2子の誕生や幼稚園・保育園への入園、小学校入学などが一般的な動機で多いものです。これにより、長期的なライフプラン構築に大きな基盤が生まれます。

決め手はやはり、「親の援助」?

「親からの援助」に頼りやすいのも20代ならではのポイント。なかでも、2500万円までの贈与が非課税になる「相続時清算課税制度」を知っておけば、「節税対策」にもなるため双方に有利です。しかし、共同名義や二世帯住宅で建築するわけでもなく「お金をください」とは、なかなか言い出しづらいもの。そんな時は「借りる」のも選択肢のひとつ。きちんと証書を交わし、返済計画を添えた契約書を作成します。このとき、税務署に「贈与」とみなされる可能性を考え、僅かでも利息の設定をすることが大切なポイントです。

ページトップへ