IECOCORO NAVI 埼玉

埼玉で叶える注文住宅、サポートします。

高砂建設

この会社のホームページを見る 資 料 請 求

上質な自然素材と一年中続く心地よさ
西川材で造るソーラーサーキットの家

所在地・連絡先

株式会社 高砂建設
〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-10-2 MAP
TEL.048-445-5000

価格の目安

坪55万円~(延床面積40坪の場合)

工法・構造

ソーラーサーキット工法(木造軸組)、SE工法(木造軸組)、外張りECO断熱工法(木造軸組)、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造

施工エリア

埼玉県全域、東京都全域、群馬県・千葉県・神奈川県の一部

アフター保証・メンテナンス

永年メンテナンス制度あり(10年までの品確法に定める保証制度を適用。11年以降、30年まで10年期ごとの単位で継続的に「構造躯体の不具合、雨水の侵入による不具合」を保証。30年以降、住宅の存続する限り、住宅相談、メンテナンス相談、点検を無償で実施)、(財)住宅保証機構による住宅瑕疵担保責任保険に加入

こだわりポイント

家づくりにおいて、そこに住む人、また環境においても家の持つ役割とは何か?住宅建築にとって命題ともいえる課題に真摯に取り組むビルダーが高砂建設だ。
そんな同社がたどり着いた答えが地元埼玉の「西川材」を使用した「ソーラーサーキット工法」。ソーラーサーキット工法とは、家全体を断熱材で包み込む「外断熱」と、壁の中に設けた二重の通気層で気流をつくり、室内の熱や湿度を調整する「二重通気」を組み合わせた自然の力を利用したシステム。建物内部の温度差が少なく、一年を通して外気温に左右されない快適な住環境を実現できるという。また地元木材「西川材」は、「地元で育った素材こそ、その土地の気候や風土に良く合い、環境適応性能に優れた、強く長寿命の家が生み出せる」と同社。
構造柱には一本一本の強度測定を行い厳しい自社基準をパスしたものだけを使用し、「耐震等級3(建築基準法の1・5倍)」が標準仕様だ。同社の30年、50年後までも見据えた家づくりは、宿泊体験も出来る各モデルハウスで是非とも体感してほしい。

ページトップへ