建築実例大自然が似合うカントリ―スタイル
100%天然素材『シラス洞窟の家』

木村工務店/シラス洞窟の家
この『シラス洞窟の家』は「洞窟」という名が示すように、「広い・狭い」をはじめ、「明るい・暗い」「高い・低い」といった様々なコントラストを、邸内の随所に使い分けている。シラス壁も床の無垢材とも程良く馴染みつつ、緩やかな曲線を描くことで、人のDNAに寄り添うかのような、心からの癒しと安らぎを与えてくれるだろう。
外観
「森の中の一軒家」をイメージした、平屋の住まい。緩やかなカーブを描いた屋根は夏と冬の陽当たりを調節し、アールの壁沿いには気持ちの良い微風が吹き抜けていく。
外観
雨風を凌ぐ玄関先の軒も含めて、一見すると「斬新」に映るファサードも、季節に応じた採光・通風を考慮した「理に適った」設計・デザインであることは間違いない。
リビング
天井高を抑えた「ローリビング」から、開放感あふれる「ハイリビング」を望む。あくまでメイン素材はシラス壁だが、杉白太フローリングなど良質な木材も随所に。
リビング
床に敷いたシラス石材。夏はひんやり、冬は日中の太陽光を蓄熱してくれるため、エアコン要らずで過ごせる。表面の凹凸を強調した塗り柱も『シラス洞窟の家』ならでは。
その他
あえて狭く、奥まった場所を設けるからこそ、リビングの「広がり」や陽の光による「明るさ」がより爽快さを増すのだろう。
ダイニング
邸内は高低差による、メリハリの効いた設計が光る。「ローリビング」はダイニングとしても使えるほか、絵画のようにキレイに外の景色を切り取るピクチャーウインドウも。
ダイニング
夜になると、住まいの「表情」が変わる。長い時を刻んでも決して色褪せることなく、いつまでも家族を癒し続けてくれるはず。
キッチン
誰にも邪魔されることなく好きな料理を存分に楽しむための、独立型キッチン。料理の最中に、ふと緑豊かな外の景色を眺める…そんな、ささやかな贅沢も可能に。
その他
邸内の各居室は、まるでその名の通り「洞窟」のよう。真っ白な塗り壁をスクリーンにすれば、ホームシアターへと早変わり。
アウトドアリビング、デッキ、テラス
雑木林に溶け込む、杉の丸太柱。ウッドテラスは様々なシーンで活躍。
DATA
延床面積
122.94㎡(37.2坪)
工法・構造
木造軸組工法
階数
平屋
テイスト・スタイル外観
ナチュラル
テイスト・スタイル内観
ログハウス・カントリー
こだわり
平屋、店舗併用、ハンドメイド、造作家具・建具、高天井、木造軸組工法、国産材、塗り壁(内装)、塗り壁(外壁)、レンガ・タイル・石・アイアン等、新築、景色・景観を楽しむ、料理

この家を建てたのは…

木村工務店/シラス洞窟の家
群馬県みどり市笠懸町鹿281-1