建築実例3階建てビルトインガレージハウス
狭小地を活かした心地よい暮らし

icocochi
限られた敷地面積を有効活用した3階建てのビルトインガレージハウス。横に広げられないぶん、縦に積み重ねて必要な空間を確保。二階リビングは可能な限り開口を大きく取り、スカイテラスと一体化させて広がりを追求。テラスの先を壁で囲うことでプライバシーもしっかり確保。狭小地を感じさせないダイナミックさが楽しめる。
ガレージ
ビルトインガレージは敷地を有効活用出来るほか、愛車を悪天候から守ったり、車から建物に短距離でスムーズに移動したり出来るなど、日々の暮らしをポートしてくれる。
外観
一階は駐車スペースと収納、2階・3階を居住空間とした3階建てのビルトインガレージハウス。シンプルで美しい外観は、夜になると幻想的な雰囲気を醸し出す。
リビング
リビングの大開口サッシから優しい光が差し込み、室内全体を包み込んでくれる。柱や間仕切りのない大空間によって、家族の気配をいつでも感じることができる。
リビング
間接照明は一日の疲れを癒し、安らぎのひとときへと導く。明かりだまりを作ることで空間にメリハリが生まれ、心に豊かさを加えてくれる。夜でも人目が届かないのも嬉しい。
キッチン
キッチンに立つとリビング・ダイニングやその先のデッキスペース、スタディスペースが一望できる。毎日立つ場所だからこそ、視線の先に何が映るかを考えて配置している。
キッチン
パントリーを併設したキッチン。共働きのご家族のために、どこに何をどのくらいの量を置くかの収納計画をすることで、無駄な動きを抑えた時短な家事が実現できた。
ベッドルーム
眠りに集中できるようなシンプルな寝室。間接照明を使って上質な空間に仕上げている。寝室横のベランダに出れば、月夜の美しさを堪能することもできる。
トイレ
風合いある造作カウンターやむき出しの配管でエッジを効かせ、インダストリアルな空間を演出。落ち着いた色合いがすっきりと引き締まった空間にしている。
スタディーコーナー・ファミリーコーナー
ダイニング前のスタディカウンターは、お子様の学習スペースとしてはもちろん、奥様の趣味スペースや家族のパソコンカウンターとしても幅広く活用している。
アウトドアリビング、デッキ、テラス
二階リビングと一体化したスカイテラスは、隣地の視線を遮る程度の壁を建てることで、室内に広がりを持たせながらプライベート空間を存分に楽しむことができる。
COMMENT
オーナーの声
夫婦のライフスタイルをしっかりと受けた間取りなので、暮らしやすさはもちろん、掃除のしやすさや使い勝手、収納の配置など大満足です。毎日家に帰ってくるたびに、「わが家が一番!」と思います。これから家族でどんな思い出を作っていけるか、とても楽しみにしています。(S様)
DATA
家族構成
夫婦+子ども2人
敷地面積
144.59m²(44坪)
延床面積
189.95m²(57坪・ガレージ含む)
工法・構造
SE構法(木造軸組工法)
階数
3階建て
テイスト・スタイル外観
ホワイトモダン
テイスト・スタイル内観
インダストリアル
こだわり
3階建て以上、狭小地・変形地、延床面積40坪以上、造作家具・建具、柱・仕切りのない大空間、ガレージ、2階リビング、2階浴室、アウトドアリビング、ファミリー&スタディーコーナー、3,000万円以上、ZEH基準を満たす、HEAT20基準を満たす、長期優良住宅、認定低炭素住宅、耐震等級3の基準を満たす、構造計算を実施、木造軸組工法+鉄、金物、パッシブデザイン、トリプルガラス採用、充填断熱、基礎断熱、塗り壁(内装)、塗り壁(外壁)、新築、プライバシー重視、車・バイク・自転車、パソコン・ゲーム、太陽光発電システム、床下エアコン、全館空調、熱交換換気システム