建築実例異なる大きさ、形のBOXが複合した
次なるステージへの扉を開いた住まい

R+house 邑楽館林
注目はR+houseの構造ルールを守りつつ、住まいとして次なるステージへの扉を開いた個性的な外観。約1.6mもある敷地の高低差を平らにならすことなく活かし、傾斜に沿って建築。玄関には階段のアプローチが設けられ、その結果、2つのBOXが浮くようなフォルムに。それぞれのBOX間に生まれた「間」が、心のゆとりも生んでくれる。
外観
3つのBOXがせり出し、浮く。一見すると奇抜なようにも映るが、プランはいたってシンプル。それぞれが階段ホール・ダイニング・キッチンという機能を持ち合わせている。
玄関
両サイドを黒い、光沢のある壁で囲んだ吹き抜けの玄関。このBOXは内外とも同じ壁材を用いることで、外から中へ足を踏み入れた際の視覚的な繋ぎがよりスムーズになる。
玄関
住宅とは思えないほど、スタイリッシュな空間。上下に大きなフィックス窓を設けており、外に広がる豊かな景色を室内へと取り込む「ピクチャーウインドウ」の役割を担う。
リビング
段差や僅かな仕切りで、各空間の領域を分けている。右奥に映るのがキッチンで、天井のスリットには彫り込んで黒く塗装し、ダウンライトを埋め込んでいる。
ダイニング
陽の光が燦々と降り注ぐなど、自然と家族の会話が弾む明るいダイニング。外観でいう中央の白いBOX部分にあたり、邸内の構成は至ってシンプル。
キッチン
板張りと小窓のあるBOXに設けられたキッチン。せり出したスペースを活かし、対面式でもオープンにしすぎることなく、いつでも落ち着いて作業ができるよう考慮。
2階ホール
いずれ壁で仕切って子ども部屋や寝室となる予定の2階ホール。現状は一つの大空間で、子どもの遊び場や家族のセカンドリビングとして重宝されている。
2階ホール
人目の届かない2階は、より恵まれた眺望を存分に楽しむため、大きな開口を確保。ご覧のように、カーテン不要だ。
外観
陽が落ちて邸内に灯がともると、さらにはっきりと外観の形が浮かびあがる。特に玄関部分のBOXの、迫力とインパクトは言葉では表現しきれない。
間取り図
DATA
敷地面積
198.08㎡(59.92坪)
延床面積
107.60㎡(32.55坪)
工法・構造
木造軸組工法(パネル工法)
階数
2階建て
テイスト・スタイル外観
ナチュラルモダン
テイスト・スタイル内観
モダン
こだわり
2階建て、吹き抜け、書斎、2階浴室、ZEH基準を満たす、木造軸組工法+α、C値・UA値などが高水準、塗り壁(外壁)、ガルバリウム、新築、家事がしやすい

この家を建てたのは…

R+house 邑楽館林
群馬県館林市小桑原町876-2 1F