建築実例サザエさんリノベするの巻
面影残るリノベーション

COMODO建築工房
築40年余の住宅をなるべく柱や面影を残した思い出までリノベーションしないリノベーション。 時が築き上げてくれた経年美化や家族の思い出を尊重しつつ、この先の生活へと適合させるのが会社のリノベ理念。 先代の喜怒哀楽を受け止めてくれた住宅をそっくりきれいにするのではなく、敬意を払いつつ現代のライフスタイルに適合させている。
外観
新旧の合成。増築・改築を繰り返され、プロポーションが崩れていたものをリセット。青い瓦はこの家のアイデンティティとしてそのまま残した。
ダイニング
昔ながらの田の字型プランだった間取りをまるごと変更。冠婚葬祭を行うための二間続きの和室はLDKに変貌し、家族の一番の居場所になった。
ダイニング
壁に引き込まれる障子を閉めると一変して凛とした空気感に。
ダイニング
右を畳のリビング、左をコルクタイルを張ったダイニングキッチン、奥の広縁だったところは床を撤去して玄関土間の延長とした。
キッチン
天井はあえて面影として和室の趣を残し、リノベならではのキッチンへと仕上がった。右の黒い物はペレットストーブ。これ一台で家全体がほのかに暖まるほどに断熱を強化。
リビング
6人家族でありながらも、それぞれの気分で居場所を見つけられる。
玄関
玄関位置はそのまま。左は天井までいっぱいの下足入れで収納たっぷり。手摺はナラ材で造作。
その他趣味スペース
玄関土間をリビングまで延長し、趣味である愛機の自転車をメンテナンスする場所に。
その他
外壁まで一旦スケルトンとし、躯体の痛みを確認すると共に断熱材の充填、可能な限りの耐震補強を施した。
DATA
本体価格
1,500〜2,000万円
家族構成
夫婦+子+祖父母+叔母
敷地面積
275.00㎡(83.0坪)
延床面積
126.06㎡(38.1坪)
工法・構造
木造軸組工法
階数
平屋
テイスト・スタイル外観
和風
テイスト・スタイル内観
ナチュラル
こだわり
平屋、造作家具・建具、玄関土間、木造軸組工法、国産材、リフォーム・リノベーション、車・バイク・自転車、薪ストーブ・ペレットストーブ

この家を建てたのは…

COMODO建築工房
栃木県宇都宮市上桑島町1465-41